釣り日和

釣りに行きたくてたまらない

何よりも釣り

昨日の読売新聞の夕刊をゲット!友達も買えてないとのことで、少し余分に。 おごたんすごい! 新聞見開きだよ?? しかも超可愛く撮っていただいてます。

大学の時お世話になった教授から、水族館の職員募集しててぜひ推薦したいって話いただいたんだけど、自転車5分の距離でこんなんバンバン釣れる環境を優先したいと言って辞退させていただいた私。 何よりも釣りを優先しまって、本当に申し訳ない。

昨日と今日で東京行って来ました。ずっと行きたかった両国の地に足を踏み入れることができたのが感動!両国江戸NORENも行けたし浅草とか竹下通りとか結構行けた〜。 両国フラフラしてたら、お相撲ちゃんが自転車でコンビニ行ってて、両国感があふれていた。

雨の中の自転車。「よし、安全運転でいこう」と思った矢先、信号前で盛大にすっ転んだ私。面白いくらい綺麗にアスファルトにスライディング。派手に転んだのに傷一つない自身の強さを実感。何より周りの方々の優しさが沁みた。自転車を起こしてくれたり、鞄を拾ってくれたり。転んで良かったかな! しかしあのガス屋の配達人は凄い重労働だよなあ、重たいシリンダー担いで4階まで階段登って来たし、シリンダー何個も積んだ自転車で移動してる。ガス屋での一件以来、配達人と道で行き会うと「電話したか?」と早めのリフィル注文を促されるようになったものだった。

まさに奇跡的ですよね!?聞くだけで恐ろしい状況なのですが、大怪我に至らなかった妹さんの強運に驚きです。自転車にはねられて泣きながら「痛い死ぬ痛い」とか言ってた自分が恥ずかしいです。

それまで独りだったのが、友人をロード沼に引き摺り込む→その友人が自転車競技部に入る→競技部関係で仲間と繋がる→その友達を通じてロード仲間増える→仲間の仲間と共に皆でライドに行く、そして釣り。 と言った感じで仲間増えたので、引き摺り込んどいて良かったな、と。

ランニングしようとして部室の軒下に自転車置いて、走ってたらしばらくして大雨に降られて親戚の家で雨宿り一時間半くらい犬と戯れて、また部室に戻るも雨にまた降られてあえなく自転車をおいて荷物だけ持って帰った… 自転車買ってるときも思ったけど、自分の好きな(落ち着く?)色を選んでたら、ひたすら身の回りが青系になって行くんだよなぁ。今の服とスマホケースも例外ではない。

高校は登校途中にいる犬みんなにわざわざ自転車降りて頭撫でまわして挨拶してたから、後々近所の人から聞いた母親に呆れられた。仕方ないじゃないか、人の名前は覚えられなくても犬の名前は覚えられるんだよ。「〇〇ちゃんとこのおばちゃん」で覚えてた。今も若干不安が残る。


Share